国産仮想通貨bitzenyのマイニングをやってみたよ

国産の仮想通貨bitzenyをマイニングしてみました。メジャーなコインは難易度が上がりすぎて発掘量が激減しています。

そこでマイナーなコインの場合難易度が低くコインがモリモリ増えて楽しいのはもちろん、値上り益を期待できるのでワンちゃん狙えるコインということで夢のあるbitzenyを選択しました。

マイナーコインの問題点として取引所に上場されていないとうことがあります。取引所に扱いが無いということは売却することができないのですぐに換金することはできません。

しかしbitzenyはすでにcrypto-bridgeで取引ができます。xpコミュニティで紹介したxp通貨もmonaコインもこちらで取引できるのでmonaコインに変えてそれをzaifなどの取引所で売却すれば日本円に変えることができます。もうすでにインフラは出来上がっているのです。

monaコインのマイニングについてはこちら確認してください。

モナコインのマイニングやり方を説明するよ

bitzenyGPUでマイニングするのではなく、代わりにCPUを使ってマイニングします。

ですので比較的低スペックのCPUでも発掘可能ですので試してください。

bitzenyをマイニングするには

初めにマイニングしたコインを入金するアドレスを入手しましょう。オンラインの財布BitZenyWalletに登録します。

送金するアドレスはどこでもかまいません。取引所が安心できるならそこのアドレスを使ってください。

パスワードは使いまわしは厳禁です。推測されにくいものを考えてください。

新規登録するとメールが送られてくるのでそのURLをクリックして認証すれば使えるようになります。

ニ―モックフレーズをメモする

ニーモックフレーズとは復元パスワードの事です。あなたがパスワードを忘れた時にこのフレーズを入力するとログインすることができます。

このフレーズは忘れずに紙にメモします。オンライン上に保存するのは非推奨です。ストレージサービスに保存するのは論外です。今まで何度もいいまいたが、暗号通貨はハッキング被害が多発しています。

ネット上に繋がっている限り流失する可能があるので少しでも漏れないように対策するべきです。ログイン後も設定→HDウォレットの秘密鍵→ニ―モックフレーズを表示で見ることができます。

マイニングプールの登録

モナコインのマイニングやり方を説明するよでいったように、1人でマイニングしても効率が悪いので皆が集まってPCの計算能力によってコイン分配する方法です。

私もこの方法で発掘しています。プールは複数ありますのであなたが気に入った所でマイニングしましょう。

マイニングプール一覧

登録方法は似ています。右上のGusestの▼をクリックしてSign UPを選択して新規登録します。

CPUMinerをダウンロードする

bitZenyサイトからマイニングするソフトをダウンロードします。

通常SSE4.1バージョンをダウンロードして下さい。初め通常版をインストールしましたが起動しないので、windows7でSSE4.1を選びなおしたところ起動しました。どうやら古いPCの場合通常版を選ぶ見たいです。

そのファイルを解凍します。そのフォルダにテキストファイルで新規作成し以下のように書き込みます。

ウサギプールの例

低難易度(base diff 0.1):minerd -a yescrypt -o stratum+tcp://bunnymining.work:19332 -u user.worker -p password
標準難易度(base diff 1):minerd -a yescrypt -o stratum+tcp://bunnymining.work:19333 -u user.worker -p password
高難易度(base diff 2):minerd -a yescrypt -o stratum+tcp://bunnymining.work:19334 -u user.worker -p password

テキストファイルには「minerd -a yescrypt -o stratum+tcp://bunnymining.work:19332 -u user.worker -p password」をコピーして貼り付けてくださいね。

user」の箇所にはサイトに登録した時のユーザーネームworker」の部分にプールで作成したworker Nameを入力します。「password」の部分にパスワードを入力します。

保存する時に名前を付けて保存を選び「ファイル名.bat」で保存して下さい。ファイル名は任意で結構ですがプール名で保存しておくと後で分かりやすく便利です。

高性能CPUの場合、「work:19334」と設定し高難易度を設定してあげます。corei7以上だとこれに合わせた方がいいかもしれません。適切な難易度に合わせてあげると発掘効率が上がります。

プールによって「bunnymining」の部分が異なるのでサイトごとに変える必要があります。

これで出来上がった.batファイルを起動してみましょう。この時少し時間がかかる時があるので数分待って下さい。無事立ち上がってyay!と表示されたら成功です。失敗しているとbatファイルがすぐに閉じてしまいます。

retry ater 30 secondsというメッセージが表示される時がありますが、10分ほど少しそのままで待ってみてください。その後起動する時があります。それでも駄目な時は設定が間違っているのでbatファイルのユーザー名などを確認してください。

batファイルに入力するワーカー名の設定

プールサイトにログインしてワーカー名とパスワードを設定します。

左のメニューからmy Workersワーカー設定からworker nameとWorker Passwordを決めましょう。

マイナーソフトを起動してマイニングに成功している場合このようにMy Hashrateの所にメーターが表示されます。これには少し時間がかかる時もあるで少し待ちましょう。

アドレスの設定

左のメニューEdit Account設定変更からウォレットのアドレスを入力します。

少なくてもいいですが、送るたびに0.1ZNYの手数料がかかるので頻繁に送ると損します。

 

これでマイニングで設定は終わりです。発掘したコインを取引所に送りトレードしてもよしホールドしてもよしです。冒頭でもいいましたが、取引所は海外しかないのでそこでモナコインなりビットコインに交換してzaifで日本円に変えるのもいいですね。

普段使っているPCで行ってもいいですが、CPU使用率が100%になります。他の作業をしていると遅くなるかもしれませんので、専用のリグを作って遊んでみるのも楽しいです。

数か月前までは0.5円程度だったのがピーク60円以上に値上がりしたり、その後急落して20円代と安定してない通貨です。価値が0になってもおかしくありませんので投資は自己責任の元楽しんでトレードして下さいね。