NEM公式のnanowalletをインストールしてみたよ

コインチェックがハッキングされてから資金の分散の必要性が再確認されています。資産の分散は必ずやっておきたいですね。取引所でもいいですが、ソフトウェアウォレットも便利なのでお勧めです。

ウォレットは様々なものがリリースされていますが、公式のハーベストもできるnanowalletをインストールしてみました。

ハーベストとは約1万ネム以上nanowalletに入金していればnemを貰うことができるのです。ハーベストはネットワークの重要度で決定します。そのため多くのnemを保有し、送金や入金があるほど重要と考えられ多くのネムをもらうことができます。

私はコインチェックとzaifで購入していましたが例の件で今はzaifで購入しています。

nanoWalletのインストール方法

公式ページから無料でインストールすることができます。

対応のOSを選択してダウンロードします。私の場合はwindowsをダウンロードしました。

ダウンロードされたファイルは圧縮されているので展開して下さい。

展開されたファイルにNanoWalletがあるのでそれを実行します。

言語を日本語化しましょう。右上のメニューからjapaneseを選択します。

シンプルウォレット→新規にウォレットを作成する時に使う

プライベートウォレット→復元する時など、今まで使用していたウォレットのデーターを引き継ぐ時に使う

ネットワークは「mainnet」を選択します。

任意のウォレット名を入力します。

その後パスワードと入力する画面に飛ぶので入力しましょう。

もし最初にプライベートウォレットを選択していた場合秘密鍵の入力を求められます。引き継ぎたいウォレットの秘密鍵を用意し入力します。

 

最後にバックアップを取ります。秘密鍵「.wlt」ファイル、パスワードをローカル環境で保存します。ドロップボックスなどのサービスに保存してはいけません。これらを紛失すると中に入っているコインは失われますので注意が必要です。

ダッシュボード画面

送信画面

nemは様々な機能を搭載しています。マルチシグ(複数の署名が無ければ送信できない)やアポスティーユ(公証機能)、モザイク、徴収など便利な機能があるので触って遊んでみるのも楽しいです。

ハーベストする

アカウントから既得バランスを確認してみましょう。これが10000以上ではないとハーベストすることができません。

10000nem以上持っているとハーベストといってnemを獲得することができます。

重要性スコアが多いほど多くのネムを獲得することができます。

既得バランスは1万ネムもっているだけではすぐに1万にはなりません。時間をおく必要があります。これはネムの数量によって変化するので一概にはいえませんが、多いほど早く貯まります。

上記メニューのデリゲートハーベスティング(委任)を選択します。

モードを委任有効化を選択しパスワードを入力し送信します。その時6XEM必要になります。

6時間程まつとは―べスティングが有効に切り替わります。

その後デリゲートハーベストティングを開始するからウォレットのパスワードと委任先を選択すると完了です。ハーベストされるのを待ちましょう。

1万XEMくらいだとあまり貰える事は少ないようです。1ヶ月一度貰えたらラッキーぐらいです。

 

これからカタパルトの実装で、ハーベストの条件が10000XEM以下でもできるように検討しているようです。さらに処理スピードが格段にアップするそうです。

BTCが送金詰まりを起こしており送金手数料も高騰しているので一気に伸びる可能性もあると思います。

NEMを購入するならzaifから購入どうぞ