zaifのモバイルウォレットアプリを紹介するよ

格安航空会社(LCC)のピーチがビットコインの支払いを年内に受け付けるようになるとのこと。ますます仮想通貨が発展することが期待できる世の中になっていますね。

便利な世の中になってはいるものの、どのように持ち運ぶか分からない支払い方法も分からない人が大勢かと思います。

そこで今回はどのように支払うのかZaifアプリで確認していきましょう。

モバイルウォレット

ウォレットつまり財布です。取引所で購入したコインをモバイルウォレットに移して店頭で支払う形になります。

今回はZaifのモバイルウォレットを紹介しますが、ウォレットは各取引所がだしているので好きなウォレットを使えば大丈夫です。他社製のウォレットを使用していても移し替える事ができるので便利です。

関連記事

暗号通貨のウォレットアプリIndieSquare Walletがすごく楽しい件について

仮想通貨(暗号通貨)のモバイルウォレットcoinomiアプリが便利なので紹介するよ

それではアプリの中身をみていきましょう。

トップ画面

© 2016 Tech Bureau, INC

新しくウォレットを作るをタップして新規作成しましょう。別のウォレット持っている場合は復元パスフレーズを持っているをタップします。

© 2016 Tech Bureau, INC

この復元パスワードは必ず控えてください。このワードは他人に絶対に見せないでくださいね。盗まれる危険があります。保存はスクリーンショットはせずにメモを取りましょう。

クラウド上に保存するのは危険です。

© 2016 Tech Bureau, INC

トークンのトレードやビットコインの受け取りをすることができます。

© 2016 Tech Bureau, INC

さぁパスワードを設定しましょう。送信時に必要ですので忘れないようにしましょう。

取引画面

© 2016 Tech Bureau, INC

設定が終わるとこの画面に切り替わります。残高を確認することができます。

© 2016 Tech Bureau, INC

紙飛行機のアイコンをタップすると相手に送る事ができます。買い物する時はこのアイコンをタップして支払いましょう。

© 2016 Tech Bureau, INC

下部のメニュー画面から受け取りをタップすると、ビットコインを受け取るアドレスを確認することができます。

支払い画面

© 2016 Tech Bureau, INC

さぁ紙飛行機をタップして送信しましょう。送り先の欄にアドレスを直接記入してもいいのですが、面倒なので左上のQRマークをタップしてQRコードを読み取りましょう。

右の矢印は単位を円、BTCと入れ替える事ができます。

受け取り

© 2016 Tech Bureau, INC

下部メニューから受け取りをタップするとこのような画面に切り替わります。QRコードが表示されるので相手に読み取ってもらいましょう。

zaifメニュー

© 2016 Tech Bureau, INC

下部メニューのZaifをタップするとこのような画面に切り替わります。画面はWebページと一緒ですね。ここで購入したコインはモバイルウォレットに送られません。PCの方に入ります。

 

以前紹介したcoinomiアプリやIndieSquare Walletと一緒ですね。これらを使用したことあるユーザーならば簡単に使うことができるでしょう。

取引所の口座をまだ持ってない方はZaifから登録できます。

インストールはこちらからどうぞ

Androidで無料インストール

iphoneでインストール