遊戯王デュエルリンクス-レベル40イシズ・イシュタールのデッキを公開するよ

レジェンドデュエリストのレベル40となるとはやり強いですよね。今回はイシズ・イシュタールのデッキを公開していきます。

イシズ・イシュタールは墓守デッキでかなりコンボ性が高くやっかいです。注目カードの墓守の審神者が強すぎます。

墓守デッキとは墓守の名前の付いたカードを投入し墓守の名前の付いたカードを援護する魔法カード「王家の眠る谷-ネクロバレー」が強力です。

それでは墓守デッキの中身を解明していきましょう。

王家の眠る谷-ネクロバレー

【遊戯王カード】 王家の眠る谷?ネクロバレー 【スーパー】 EE1-JP032-SR

「墓守の」と名前がついたモンスターの攻撃力・守備力を500ポイントアップすることが出来る。墓地のカードに効果が及ぶ魔法・罠・効果モンスターの効果は無効かされ、お互いに墓地のカードをゲームから除外できない。

これは強力ですよ。このデッキのキーカードといっても過言ではありません。いきなり500アップですからね。後述する「墓守の暗殺者」なども攻撃力2000のモンスターになる分けですからね。

墓守の暗殺者

遊戯王カード 【 墓守の暗殺者 】 EE1-JP015-N 《エキスパートエディション1》

王家の眠る谷-ネクロバレーがフィールド上にある時でしか発動できませんが、攻撃宣言時に相手表側表示モンスターの表示形式を変更することができる。

この能力はエグイです。守備力が低いモンスターでこれやられるときついですよ。攻撃力ばかりで守備力が無いモンスターはこれで破壊されます。召喚されたら2000の攻撃力ですからね。なかなか対処に困るんですよね。

墓守の巫女

遊戯王カード 【 墓守の巫女 】 EXP3-JP031-R 《 エクストラパックVol.3 》

このカードが表側表示で存在する限りフィールどは「王家の眠る谷-ネクロバレー」になる。フィールド魔法がある場合この効果は発動しない。またこのカードが表側表示で存在する場合「墓守の」名前がついたモンスターの攻撃力、守備力が200ポイントアップする。

すごいカードですよね。このカードがあることによって墓守の暗殺者の能力を発動することができるようになるし、おまけに攻撃力がアップするので相性が抜群でいいですよね。

墓守の召喚師

遊戯王カード 【墓守の召喚師】 EXP4-JP026-R 《 エクストラパックVol.4 》

フィールドから墓地に送られた時自分のデッキから1500以下の「墓守の」名のついたモンスターを手札に加えることが出来る。

サーチできるので事故が起きる可能性が低くなるので安定性抜群です。デッキを圧縮できるカードは強いです。

墓守の長槍兵

遊戯王カード 【 墓守の長槍兵 】 EE1-JP010-N 《エキスパートエディション1》

守備モンスターを攻撃した時に守備力が超えていた場合その差だけ相手に直接ダメージを与えることが出来るモンスターです。攻撃力アップしている状態であればかなり強いです。

守備表示にしても貫通してくるのでライフポイントが少ないデュエルリンクでは危険なカードです。

降霊の儀式

遊戯王カード 【 降霊の儀式 】 EE1-JP048-N 《エキスパートエディション1》

指定した墓地の「墓守の」という名のついたモンスターカード1枚を特殊召喚する。このカードによる発動は「王家の眠る谷ーネクロバレー」によっては制限されない。

ポイントは相手の墓地でも構わないという所と「王家の眠る谷ーネクロバレー」では制限されない点です。

墓守の審神者

遊戯王 LVAL-JP034-SR 《墓守の審神者》 Super

このデッキ最強のカード墓守の審神者です。このカードはモンスターを3体リリースまたは「墓守」と名のついたモンスター1体リリースすることで召喚することが出来ます。召喚に成功した時リリースした「墓守」と名のついたカードの数まで以下の効果から選択して発動することができます。

リリースしたモンスターのレベルの合計×100ポイントアップする

相手フィールド上にセットされたモンスター全て破壊する

相手フィールド上の全てのモンスターは2000ポイントダウンする。

えげつないですよね。星10で墓守のモンスターであれば1体でも召喚できるんですからね。2体墓守のモンスターをリリースした場合2000ポイントダウン+自分の攻撃力アップでゲームを終わらせる力を持っていますから召喚されたら危険です。

墓守の祈祷師

遊戯王 LVAL-JP033-N 《墓守の祈祷師》 Normal

あまり召喚された事がありませんが、守備力は自分の墓地の「墓守」と名のついたモンスター×200ポイントアップします。このカードが表側表示で存在する限り「墓守」と名のついたモンスター以外の墓地で発動する効果モンスターの攻撃力は無効かされる。また「王家の眠る谷-ネクロバレー」がフィールド上に存在する場合相手はフィールド魔法を使えないしフィールド魔法を相手の効果によって破壊することはできない。

王家の眠る谷-ネクロバレー破壊されないので結構強いですね。しかもリリースして召喚するので墓地には最低1体はいるわけになるので、1700+王家の眠る谷-ネクロバレーの効果で2200になります。

攻撃力は申し分ないかと思います。これを倒さないとフィールド魔法を破壊することが出来ないのでやっかいなモンスターであることはまちがありません。

墓守の大神官

SR◇墓守の大神官(ABPF-JP027)

「墓守の」と名のついたモンスター1体をリリースして召喚することが出来ます。攻撃力は墓地に存在する「墓守の」と名のついたモンスターの数×200ポイントアップし、このカードが表側表示で破壊される時代わりに手札から「墓守の」と名のついたモンスターカードを1体捨てる事ができる。

これはやばいですね。デッキに何が入っているのか調査した時に後半に召喚されてしまいました。その時の攻撃力が4700守備力が2300の上級モンスターでしたからね。

その時僕は突撃指令を持っていましたが、相手のモンスター効果で無効にされたあげく降霊の儀式墓守の審神者をだされて負けてしまいました。

その時の様子

2016-12-11-04-26-50
© 2016 Konami Digital Entertainment

勝てるのに、わざと引っ張って負けてしまったパターンですね。調子に乗っていました。

それでは相手のデッキの中身をおさらいしてみましょう。

デッキリスト

  • 墓守の審神者
  • 墓守の暗殺者
  • 墓守の巫女
  • 王家の眠る谷-ネクロバレー
  • 墓守の召喚師
  • 墓守の祈祷師
  • 墓守の長槍兵

このようなデッキ内容になっています。対策カードは「王家の眠る谷ーネクロバレー」を破壊することが出来るツイスターが考えられます。魔法除去でも構いませんが、その他のデッキと対戦することを考えればツイスターに軍配があがります。このデッキのためであれば魔法除去でもいいです。

なんども対戦しましたがはやりクリボールは強いですね。モンスターが相手にいる以上使う場面は必ずあるので無駄にはなりませんからね。

どうでしょうか。デッキの中身が分かると対策するカードも分かってくるので勝つことも簡単になります。

対策デッキを構築してみてはいかがでしょうか。