Androidとiosの違い

よくあるAndroidとiosの違いは何かを今回書いていこうと思う。iosのアプリは公式のApp Storeの中でしか購入できないので審査が厳しいがセキュリティなど一定の基準があるので安心してダウンロードが出来る。

一方Androidの方はグーグルが開発しGoogleplayストアなどはグーグルが審査し一定の基準があるものしか登録されなくて安心かと思うが、Androidは独自でマーケットを開いて販売することが出来る。

さまざまなデパートで売ることができる

例えばGoogleではない別の会社がストアショップを開設してその中で販売することが出来るため基準バラバラになっている。例えば有名な独自ショップにはAmazonアプリストア、au Market(au)やdマーケット(NTTドコモ)などの携帯キャリアが運営するものが存在する。

他の場所にiphone(ios)アプリ販売マーケットを開かせない会社。アンドロイドアプリは直営店のgoogleだけではなくそれぞれの独立した店でその店基準でアプリを集めて販売することが出来る。

だから店によっては扱っている商品が異なる場合もあるし、値段も違う時がある。

中には審査を行わないで素通りさせているストアもあるので、悪意あるウィルスやスパイウェアが入ったアプリがあるので注意が必要になる。信頼されたストアでのアプリ購入のほうが安心である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA