DSLR Controllerで外部モニターで撮影する方法

カメラで撮影する時にファインダーを覗いて撮影すると思いますが、小さくて分かりづらいですよね。そんな時に外部モニターで大きく表示すれば、後でpcで確認した時にピンボケや平行が取れてなかったなどで、がっかりする心配はありません。

しかし外部モニターが比較的高価です。専用のものになると三万~四万はします。

そこで登場するのがこれDSLR Controllerアプリです。このアプリは今持っているandroidのスマホやタブレットで外部モニターにすることができます。

必要なものを以下にまとめました。

1.USBホストケーブル

2.androidのスマホかタブレットでUSBホスト機能が使えるもの

3.DSLR Controllerのアプリ

USBホストケーブル

1I2A3932

こちらは、カメラと端末を接続するケーブルになります。これにカメラに付属していたコードと接続します。

カメラに付属していたケーブル

keburu

こちらがカメラに付属していたケーブルこれとホストケーブルを接続する

keburu2

するとこーなる

USBホスト機能が使用できる端末

USBホスト機能は商品説明の欄に記載されているのでよく確認してください。因みに私はnexus7を使用しています。分からなければメーカーに問い合わせましょう。

DSLR Controllerアプリ

googleplayストアで販売しています。こちらからダウンロードできます。

カメラ本体に接続する

2016-01-29 17.52.45-1

使い方

まず、USBホストケーブルをカメラと端末に接続します。写真の赤枠の所がそれになります。その後カメラの電源を入れると自動的にアプリが立ち上がります。

モニターの画面

Screenshot_20160201-133625

こちらが、モニターになります。カメラで設定できる事はこの外部モニターでも設定することができます。マニュアル設定、AF、ピクチャースタイル、ホワイトバランス、iso、シャッタースピード、絞りなど設定が可能なのでみていきましょう。

Screenshot_20160201-133709

ホワイトバランス設定画面です。

Screenshot_20160201-133425

iso設定画面です。

Screenshot_20160201-133435Screenshot_20160201-133524Screenshot_20160201-133511

AF設定画面。因みにフォーカスを合わすには右写真の四角フレームをタップしそのままピンとを合わせたい個所に合わせます。

タイムラプス機能

dslr_timelaps

右下の歯車のアイコンをタップしましょう。すると右のような画面が表示されます。その下の方に「Time lapse」とあるのでタップして下さい。

Time lapseの設定

一番上の「interval」が何秒間隔で撮影するかって項目。下の項目「shots」が全部で何枚撮影するかの設定。その下はトータルにかかる時間。

上記の例だと0.5秒間隔で10枚撮影で合計4.5秒ってことになる。0.5秒少ないのは一番始めのショットは間隔がないため。あとは「Go」のボタンをタップすればタイムラプス撮影が始まります。

残念な所

遅延が発生する
少し気になるのが、遅延が発生するところですね。撮影してから7~8秒くらい待たされます。ここは端末に影響されるとおもいます。

まとめ

コストパフォーマンスはかなりいいです。外部モニターだと三万~四万はするので、お持ちの端末からアプリ649円で購入できるのはかなり魅力です。

自画撮りが最近増えているのでモニターをそばに置いて自分を撮影する人にとっては便利なアプリ。

遅延が発生する。ここは我慢できる人ならこのアプリを購入しても大丈夫でしょう。大量の写真を撮る人にとっては痛いかもしれません。

因みにiphoneからはアプリはダウンロードできません。

ダウンロードはこちらから

DSLR Controller